20代でマイホームを購入するメリット:ゆとりのある資金計画が立てられる

20代でマイホームを購入するメリット:ゆとりのある資金計画が立てられる
20代でマイホームを購入することには、ゆとりのある資金計画が立てられるというメリットがございます。
一般的な住宅ローンでは、月々の返済額を一定にした場合、返済期間を長くすることで借入可能額が増えることが多くございます。
参考ページ:マイ ホーム 購入 20 代での不動産購入は早いのか?メリット・デメリットを解説
最長の返済期間は一般的に35年と言われておりますが、20代でマイホームを購入した場合、35年経過しても返済が完了する頃にはまだ定年前となります。
そのため、年齢が上がるにつれて住宅ローンを組むのは難しくなる中、20代で購入することで、資金計画にゆとりを持たせることができるのです。
例えば、通常のローンの場合、20代で借り入れると、返済期間が長いほど借入可能額が増え、月々の返済額を抑えることができます。
また、若いうちに住宅ローンを組むことで、将来的な収入増加に伴う負担の軽減も期待できます。
これによって、生活や将来計画においてより柔軟な選択肢を持つことができるでしょう。
20代でマイホームを購入する注意点:長期的な生活計画を考慮する必要がある
一方で、20代でマイホームを購入することには注意点もあります。
特に、長期的な生活計画を考慮する必要があります。
20代は将来についてまだ不確定要素が多く、転居の可能性や家族構成の変化などが予測できないこともございます。
そのため、将来的に家を売却する必要が生じた場合、早期に購入したことによる損失が生じる可能性もあります。
また、20代の場合、将来のキャリアや収入面での変化も予測できません。
転職や収入の減少などがあった場合、住宅ローンの返済に支障を来す恐れもあります。
そのため、将来の見通しを十分に考慮し、十分なリスク管理を行うことが重要となります。