喫煙をする方のタバコ臭

車の査定時に影響を与えるもう一つの要素は、タバコの臭いです。
タバコに含まれるニコチンや窒素化合物の成分が特有の臭いを生み出します。
タバコを吸っている人にとっては気にならないかもしれませんが、タバコを吸わない人にとっては不快な臭いとなることがあります。
中古車販売業界では、消費者の欲求が限定されるため、タバコの臭いは査定評価にマイナスの影響を与える要因となります。
同時に、天井のヤニ汚れも確認する必要があります。
また、ペットを飼っている場合には、動物の臭いも査定評価に影響する要素です。
タバコの臭いと同様に、常に動物と接している人にとっては臭いに慣れてしまっているかもしれませんが、それは他の人にとっては特有の臭いとなります。
もし車の中でペットを乗せていた場合、シートには毛や皮脂、唾液などが付着する可能性があります。
さらに、時にはペットがトイレをしたり嘔吐したりすることもあります。
以上のような車内臭は、査定時にマイナス要因となります。
中古車を買取る業者は、クリーンで臭いのない車を好む傾向があります。
したがって、車内の匂いを軽減するためには、車内を清掃し、消臭剤を使用するなどの対策が必要です。