名古屋市西区の不動産売却

名古屋市西区の地域特性や人気のエリア
名古屋市西区の地域特性や人気のエリアについて、詳しく解説します。
名古屋市西区は、2023年10月1日現在での人口は151,108人で、世帯数は76,944世帯です。
この地域は、住宅街だけでなく商業施設や工場地帯もあります。
特に円頓寺商店街や庄内緑地公園などは需要の高いエリアです。
名古屋市西区は庄内川を挟んで北と南に分かれており、それぞれのエリア特性が異なります。
北側は工場や住宅街が多く、一方南側は住宅地と商業地が混在しており、土地の価格も高くなっています。
特に南側は、住所にも名古屋市西区名駅〇丁目とあるように、名古屋駅に近い地域であり、その影響も受けています。
ここ数年、地価が上昇している要因として、リニア中央新幹線開通の影響も大きいです。
名古屋市西区の地域特性や人気エリアを把握することは、不動産売却において重要です。
需要の高いエリアや特徴を知ることで、売却時により良い条件での取引が可能となります。
そのため、不動産を高く売却するためには、名古屋市西区の地域特性や人気エリアをチェックしておくことがおすすめです。
参考ページ:名古屋市西区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市西区に新たなショッピングモールがオープンしました
2021年10月27日、名古屋市西区則武新町三丁目に位置する名古屋駅から徒歩12分の場所に、「イオンモール Nagoya Noritake Garden」がオープンしました。
このショッピングモールは、コロナウイルスの影響や消費税増税などによって、購入意欲が減少している状況にあります。
最近では、不動産の相場も落ち着いてきました。
人気の高い地域では問題はありませんが、人気の低いエリアでは地価が下がる可能性もあるため、売却を検討することもお考えいただけます。