名古屋市緑区の不動産売却

名古屋市緑区の特徴と不動産市場
名古屋市緑区は、名古屋市の東南部に位置しており、東西には「扇川」、西部には「天白川(てんぱくがわ)」、南部には「大高川」が流れています。
このように名前の通り、自然が豊かなエリアです。
緑区の面積は37.91平方キロメートルで、名古屋市の16区の中で2番目に大きな区です。
緑区にはさまざまな種類の不動産があります。
具体的には、土地(空き地や空き土地)や空き家、中古住宅や中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地などが存在します。
そんな名古屋市緑区で不動産を売却しようと考えている方には、緑区の特徴や不動産売買の成約件数、相場についてご紹介いたします。
これらの情報を参考にしていただければと思います。
まずは、名古屋市緑区の特徴について見ていきましょう。
不動産を売却する際には、周辺エリアの情報を把握しておくことが重要です。
購入希望者に対して、物件だけでなくこの土地に住むことのメリットも伝えることができれば、成約につながりやすくなりますので、念入りに調査しておきましょう。
また、名古屋市緑区の人口は、2023年10月1日時点で247,701人で、世帯数は104,252世帯です。
ここ3年は若干減少傾向にありますが、名古屋市の16区の中で最も人口が多い区です。
1990年には178,919人、2000年には206,864人、2010年には229,592人と、10年ごとにおおよそ3万人ずつ増加しています。
将来的にも人口が増えると予想されるため、不動産の需要も増えてくるでしょう。
このような人口増加の背景には、2011年に地下鉄桜通線が緑区まで開通したことで、アクセスが便利になったことや、都心への通勤が可能なベッドタウンとして注目されるようになったことが挙げられます。
以上が名古屋市緑区の特徴と不動産市場についての情報です。
不動産を売却する際には、これらの情報を踏まえて判断することが重要です。
ぜひご参考にしていただければ幸いです。
参考ページ:名古屋市緑区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市の緑区の魅力
-織田信長と今川義元軍の戦場から絞り製品と酒造業まで 緑区は、織田信長と今川義元軍が壮絶な戦いを繰り広げた「桶狭間の戦い」の舞台として有名です。
さらに、桶狭間を含む有松町エリアでは、江戸時代以降における絞り製品の中でも特に有名な「有松・鳴海絞り」の文化が今でも受け継がれています。
有松町エリアは「町並み保存地区」として指定されており、江戸時代からの建物を見ることができます。
また、江戸時代の名残として、酒造業も緑区で際立っています。
名古屋市内の5つの酒蔵のうち3つが緑区にあり、新鮮な水源から醸造された清酒を楽しむことができます。
また、定期的に見学会や試飲会などのイベントも開催されており、観光客にも非常に人気があります。
さらに、緑区は日常の利便性に優れた地域で、スーパーマーケットチェーンや地域密着型の低価格スーパーが多数存在しています。
家族での買い物においても、困ることはありません。
また、緑区には「名古屋市立緑市民病院」と「総合病院南生協病院」という2つの大きな病院もあります。
さらに、クリニックや医院を含めると、緑区には250箇所以上の医療機関があり、医療サービスを受けるために遠くに行く必要もありません。
そのため、安心して健康管理をすることができます。