名古屋市昭和区不動産売却

名古屋市昭和区の特徴と売却のポイント
名古屋市昭和区は、人口密度の高い地域で、新築マンションが建設されている住宅街です。
交通の便も良く、駅近の物件は高値で売れる可能性があります。
名古屋市昭和区には、土地や空き家・中古住宅・中古マンション・田んぼや畑の農地・工場や工場跡地など、様々な不動産が存在します。
名古屋市昭和区の地域特性を詳しく説明すると、約11万人が住んでいて、人口は増加傾向にあります。
2023年10月1日時点では、人口は108,361人で、世帯数は56,189世帯となっています。
名古屋市昭和区は名古屋市の16区の中でも人口密度が高く、中区と東区に次いで3番目に人口が多い地域です。
名古屋市昭和区の区名である「昭和」は元号から名付けられました。
この区名には、市民の間でトラブルが発生しても中立的に解決されることを望んでいる願いが込められています。
また、名古屋市昭和区は教育にも力を入れており、大学のキャンパスや私立小学校が多く存在しています。
安心して生活できる地域といえるでしょう。
医療施設も充実しており、名古屋大学医学部附属病院や名古屋第二赤十字病院など、高水準の医療が受けられます。
不動産を高く売るためには、名古屋市昭和区の情報を事前に確認することが重要です。
地域の人口動向や住宅事情、教育環境、医療施設の有無などを把握することで、売却価格の目安や魅力的なポイントを見つけることができます。
また、駅近や新築物件などの需要の高い物件は、値段が上がる可能性があります。
ですので、売却を考えている不動産について、名古屋市昭和区の特徴や市場動向を詳しく調査してください。
それによって、より高値で売却することができるかもしれません。
売却に関しては、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。
参考ページ:名古屋市昭和区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市昭和区の交通状況と不動産市場の特徴
名古屋市昭和区は、2004年に地下鉄の名城線が開通し、交通アクセスが非常に良くなりました。
この交通の便の改善によって、新築マンションの建設や中古マンションの売買も非常に活発になっています。
現在、地下鉄の鶴舞線、桜通線、名城線が昭和区を走っており、そのため幅広い世代の方々が快適な生活を送れる魅力的なエリアとして人気が高まっています。
特にご年配の方から学生まで、幅広い年齢層の方々にとって魅力的な住環境となっています。
名古屋市昭和区の不動産相場を把握しましょう
名古屋市昭和区における不動産相場を把握しておくことは重要です。
相場を知っておくことで、所有する不動産を適正価格で売却することができます。
また、昭和区の特徴を理解しておくことで、交渉の際に有利な立場に立つことも可能となります。
昭和区の売却動向と売却相場
昭和区の売却相場は、2019年の取引価格データによると、中古マンションの価格帯は約3,200万円から約5,500万円になります。
一方、一戸建て物件では価格帯が約3,700万円から約5,800万円となっており、一戸建て物件の方が相場はやや高めです。
駅に近い物件は人気を集めており、駅まで徒歩15分圏内の物件は需要があり、売買が活発に行われています。
しかし、駅まで徒歩20分を超えると需要が低下してしまい、高値での売却は難しい状況となっています。