名古屋市中村区不動産売却

名古屋市中村区の最新情報
名古屋市中村区では、不動産の売却を検討している方々が、どのように進めればいいかわからない方もいらっしゃるかもしれません。
不動産の売却は経験のない方にとっては、相続や引越しなど急いで行わなければならない場合もあります。
この記事では、不動産の売却手順や名古屋市中村区の相場、地域の特徴や売却時の注意点などを詳しくご説明します。
売却の手順を確認することで、最初に何から始めればいいのかが明確になります。
相場や地域の特徴を知らないと、不動産を高く売却することは難しいので、事前に確認しておくことが重要です。
また、不動産と一口に言っても、土地(空き地・空き家)、中古住宅やマンション、農地や工場跡地など、さまざまな種類があります。
名古屋市中村区は名古屋駅のあるエリアで、リニアモーターカー(リニア中央新幹線)の開通が近づいているため、注目されています。
不動産をより高く売るためにも、中村区の情報をしっかりと把握しておきましょう。
参考ページ:名古屋市中村区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市中村区の最新情報
名古屋市中村区では、まさに変化が起こっています。
名古屋駅の北側には、リニアモーターカー(リニア中央新幹線)の建設予定地があります。
さらに、JRセントラルタワーズやJRゲートタワー、ミッドランドスクエア、JPタワーなど、高層ビルが次々と建ち並んでいます。
2023年には、「名駅南エリア」に地上42階建て、435戸のタワーマンションが完成しました。
名古屋駅南側の「名駅南エリア」でも再開発が進行中で、名古屋鉄道の名鉄百貨店本館や近鉄パッセ、名鉄レジャック、名鉄バスセンター、日本生命笹島ビルなどが一体化して再開発される計画が進んでいます。
このように、名古屋駅周辺はますます便利になり、人気が続くでしょう。
名古屋市中村区で不動産を売却する際には、この最新情報も把握しておくと良いでしょう。
名古屋市中村区の地域特性
名古屋市中村区は、人口が2023年10月1日時点で140,093人であり、世帯数は78,061世帯となっています。
この地域では、一人暮らしや夫婦のみで暮らしている世帯が多く、特にファミリー層は少ないです。
名古屋駅といえば中村区を連想する方が多いですが、実際の中村区は東西で印象が異なります。
東側は名古屋駅を中心としたビジネス街や大型商業施設が充実しており、名古屋市の経済の中心地となっています。
一方、西側はマンションや商店街が多く存在し、下町情緒豊かな街並みが広がっています。
地下鉄東山線が中村区を縦横に走っているため、どこへ行くにも便利です。
さらに、地下鉄桜通線も通っており、JR・名鉄・近鉄・あおなみ線を含めると、17駅もの駅が存在するため、移動に困ることはありません。
名古屋市中村区には、名古屋第一赤十字病院という大きな病院があります。
この病院は地下鉄東山線の「中村日赤」駅と直結しているため、雨の日でも傘をささずに病院に行くことができます。
地域の特性を把握して、不動産価格の変動の可能性に注意しましょう。