名古屋市の空き地の査定額に影響を与える要因とその詳細

名古屋市の空き地の査定額に影響を与える要因とその詳細
名古屋市で所有している空き地の査定額がどれくらいになるのか、不動産の査定に関する知識がない方も多いかもしれませんね。
ここでは、名古屋市の空き地における査定額の相場や、査定額がどのような価格で決まるのか、そして売却する方法について詳しくご紹介します。
ぜひご参考にしてみてください。
名古屋の空き地の不動産査定額の相場
名古屋市における空き地の不動産査定額の相場は、2023年現在で1坪あたり84.5万円、1平方メートルあたり25.6万円となっています。
この価格は、名古屋市内で行われた27,551件の取引額(売却額)をもとに算出されたものであり、2022年と比較して4.4万円上昇しています。
この相場の上昇には、駅から徒歩10分圏内の物件の取引が増加したことが要因として挙げられます。
つまり、駅からの距離や利便性が査定額に影響を与えることがわかります。
また、最も査定額の高いエリアは中区で、1坪あたり210万円です。
一方、最も相場が低いエリアは港区で、1坪あたり34.5万円となっています。
参考ページ:名古屋市空き地の査定額はいくら?相場や売却方法もご紹介
空き地の査定額が変わる要因
空き地の査定額は、以下の要因に左右されることがあります。
1.用途や高さなどの公法上の規制 2.駅からの距離や利便性 3.土地の広さ 4.土地の形 5.土地の前の道路の幅 6.角地であるかどうか 7.道路からの高さ 8.土壌汚染や埋蔵文化財、地下埋設物の有無 9.嫌悪施設に対しての距離 それぞれの要因について詳しく解説します。
土地の用途や高さなどに関する公法上の規制
土地の所在地によっては、建物の用途や高さなどが公法上の規制によって制限されています。
土地の価値を評価する際には、まずこの公法上の規制を調査する必要があります。
そのため、専門的な法律知識が必要とされ、一般の人にとっては難しいこととなっています。
通常は、専門家に依頼し、土地の評価を行うことが一般的です。
駅からの距離や利便性に関する要素
地域の駅からの距離や利便性は、土地の査定において重要な要素となります。
駅までの距離が近く、周辺の利便施設(ショッピングセンターや市役所など)も存在する土地は、一般的に高い査定額となる傾向があります。
徒歩での所要時間が短いほど価格が高くなりますが、30分以上かかるような場合は、査定額に大きな差は生じません。
このような要素を考慮しながら、土地の査定評価を行うことが重要です。