住宅ローン減税とは

住宅ローン減税とは
住宅を購入する際には、特典制度の中で特にお得なのが「住宅ローン減税」という制度です。
この制度では、毎年の住宅ローンの残高の0.7%を13年間、所得税から控除することができます。
つまり、家の購入代金が数千万円にもなる場合、減税額も非常に大きくなる可能性があります。
この制度を利用するためには、一部手続きが必要であることや期限があることに注意が必要です。
住宅ローン減税とすまい給付金について
住宅ローン減税とは、毎年の住宅ローンの残高の0.7%を13年間、所得税から控除する制度です。
これに対して、すまい給付金は消費税増税による住宅の購入費用の負担を軽減するための制度です。
住宅ローン減税とは
「住宅ローン減税」とは正式には、「住宅借入金等特別控除」と呼ばれる制度で、毎年の住宅ローンの残高の0.7%を13年間、所得税から控除することができます。
つまり、住宅ローンを借りている間は、年に納めるべき所得税のうち、ローン残高に応じた一定額が戻ってくる仕組みです。
この減税額は非常に大きいため、家を購入する方にとって非常に魅力的な制度と言えます。
参考ページ:中古 物件 購入 【2023年最新版】不動産購入時減税制度について
住宅ローン減税を受けるための要件
住宅ローン減税を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。
まず、自己所有の住宅であることが必要です。
また、その住宅を購入した年の12月31日の時点で、住宅ローンの残高があることが条件とされています。
さらに、所得税を申告する際には、住宅ローン減税を受けるための特別控除の申告も必要です。
このように、手続きや期限などに注意しながら、住宅ローン減税の恩恵を受けることが重要です。